読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール草津店 シマブロ

島村楽器 イオンモール草津店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

草津店スタッフ鵜川によるタイプ別エレキギター解説

皆様こんにちは!こんばんは、早弾きラブライバー鵜川です。最近天候コロコロ変わって忙しないですよね。体調管理には気を付けたいこの頃です。
さて、もうすぐ入学の季節です!卒業の季節です!
(* ̄0 ̄)θ~♪小鳥の~♪翼がついに~♪大きくなって~♪旅立ちの日だよ!♪
というわけで、部活だったりサークルだったり、社会人になったしギター買いたい!そんな人多いんじゃないんでしょうか?
しかし!何買ったらええかわからん!ダレカタスケテ!!~。゚(゚´Д`゚)゚。 チョットマッテテ~ヽ(゚∀゚)ノ
そんな人に分かりやすくエレキギタータイプ別に解説をしていきたいと思います!

ストラトキャスター

f:id:shima_c_kusatsu:20170131185444j:plain
あ!これ見たことある!!( ゚Д゚)って方多いと思います。実際このストラトタイプは多くのプロ~アマまで幅広く使われております。元々はかの有名なギター会社Fenderさんが1954年に開発したのが始まりです。しかし、そこから大きなモデルチェンジされることもなく、ずっとこの形というんですから、凄いですよね。で、このストラトがFender社の大ヒットにより今ではエレキギターの標準規格の一つとなり、Fender以外にもほとんどのギターメーカーストラトタイプは製造されています。で、肝心のこのギターの特徴としてまず、その万能性にあります。

            f:id:shima_c_kusatsu:20170202153140p:plain
3つのシングルコイルの恩恵で、細かなサウンドを拾いやすいので、クリーンでチャキチャキも良しロックでバリバリソロプレイも良しで、中々に万能に活躍してくれます!ただし、メタルのような極度に歪ませる設定だとビ~!というノイズ音まで拾ってしまうので、極度に強い歪みには不向きかもしれません。また、アームという棒状の器具がさせる物が多いです。これはトレモロアームともいわれ、ボディーから出てる棒状のものがそれです。これを前後に動かすことによって、音を上下させるビブラートが可能で、これでしかできないソロもあるので激しいソロプレイにもピッタリです。
また、形状も薄くて軽いのが特徴なので、女性等にもオススメできるタイプです。

f:id:shima_c_kusatsu:20170201211715j:plain
中にはこんな感じで、ハムと言われる太いピックアップを積んでるタイプもあります。こちらは更に歪ませる事が可能なので、ハードロック等の激しいサウンドにもってこいの内容ですね。入門としてはとても入りやすいタイプなので、初心者には是非お勧めです。

テレキャスター

f:id:shima_c_kusatsu:20170201212623j:plain
こちらはテレキャスと言われるタイプで、その歴史は実はストラトよりも古く、初出は1950年となっています。その後マイナーチェンジを繰り返して今の形に落ち着いたといわれています。また、こちらも元々はフェンダー社が開発したものでしたが、今ではそれ以外のメーカでも多く製造され、また標準規格の一つとなっています。

               f:id:shima_c_kusatsu:20170202152800p:plain
そんな、テレキャスの特徴は、シングルコイルの恩恵による高音域のジャキジャキした小気味のいいサウンドにあります。ソロでバリバリプレイするというよりもテケテケと鳴らすリズムプレイや、弾き語りなどに向いているといった感じです。しかし、近年の日本のバンドではソロに用いられる事もあるので、ストラト程ではないですが、少し広い利用も可能です。ただし、シングルコイルではやはりそこまでのパワーは引き出せないので、あまり歪ませるとやはりノイズが立つので、やはりリズム向きかと。また、こちらも様々なタイプのピックアップを積んだ物が多く、ハムを2機積んだ物もあったりします。一度試奏などで色々弾き比べてみると良いかもしれません。

レスポール

f:id:shima_c_kusatsu:20170201220913j:plain
ギター界の暴れ馬といった存在のタイプそれがレスポールです。こちらも歴史は古く1952年に登場しています。かの有名なギタリスト エリック・クラプトン氏が使用したことでブームが再燃し、こちらもまたギターの基本モデルの一つに数えられるほどになりました。元々は、今でもレスポールといえばここというべき程有名なギブソンが誕生させたのが始まりですが、こちらも様々なメーカーで製造されています。お手頃な価格のものから、高いのだと100万とか凄いのまであります。そんなレスポールの特徴ですが、冒頭に暴れ馬と表現しましたが、まさにその言葉がぴったりの内容で、乗りこなすのは大変ですが、乗りこなせば期待以上の馬力で応えてくれる、ほんとにそんなギターです。そのためこれが弾きたくて憧れる人も多いです。


                f:id:shima_c_kusatsu:20170202153313p:plain
まず、多くのレスポールにはハムバッカーと言われる二つの図太いピックアップが搭載されることがほとんどです。この太いハムのおかげで、見た目通り図太いサウンドをバリバリ鳴らしてくれます。また、思いっきり歪ませてもノイズが立ちにくいという特徴もあるので、ハードロックのみならずメタルなんかでもバリバリ暴れられます。なので、ソロプレイには最高のタイプです。もちろんソロプレイのみならず、クリーンでも太いサウンドを活かしたプレイなんかも可能ですので、幅広く利用できます。そして、度々出てくる暴れ馬の要素が幾つかあり、一つはその図太さゆえの重さです。エレキギターでも上位に並ぶ重さで、物凄くずっしりとしています。それ故に太い音が出せるという利点でもあるのですが。もう一つは、ネック回りが太いので手の小さな方には少々辛いかも知れないです。そういった暴れ馬要素の為使いこなしは大変ですが、使いこなせば最高のパフォーマンスが可能です。では、入門には無理なのかといわれるとそういうわけでもなく、実際自分はこれから入りました。それで問題なく上達もできましたし、おかげで速弾きが上達しやすかったという利点までついてきました。なので、最初は厳しいけれど慣れればどうとでもなってくれる、そんなギターですので、最初の選択肢に入れても何ら問題はないです。

SG

f:id:shima_c_kusatsu:20170202154201j:plain
外見が厳つくてカッコいいですよね。SGとはソリッドギターの略でして、その名の通り色々尖っています!SGは元々1959年にGibsonから上記レスポールの兄弟分的存在で作られた経緯があります。当時は今よりも重くて、やや厚みがあるタイプのもでした。そこから色々マイナーチェンジを繰り返して、今の形に落ち着いたと言われています。そのSGの特徴は、何といってもその軽さです!とにかく薄くて軽くて、スイスイ持てちゃいます。あまりにも軽すぎて、立って弾くとヘッドの方が重くて、先端に傾くくらい軽いんです!SGはストラトのようなシングルコイルのタイプと、レスポールのようなハムタイプがあり、今主流になっているのは上記のハム搭載の物が多いですね。そのサウンドの特徴としては、クリーンでも歪ませても中低音がクリアで、非常に幅広い利用が可能です。そのため最近では、引き語りに使ったり、バリバリのソロで使ったりとジャンルを選ばない柔軟性が高い評価を得ています。(実際BLUE ENCOUNTのボーカル江口さんは、島村楽器ブランドHISTORYのSH-SGを使って下さってます♪)そのため初心者の方や女性の方にもオススメできる内容なので、最初の一本としては中々に理想的な一本ではないでしょうか。

フルアコ

f:id:shima_c_kusatsu:20170202161904j:plain
見た目にもお洒落で、かなり目立つタイプのフルアコ。元々はGibson社が楽器にマイクを付けるという実験的な試みから始まり、そこから進化をしていき1951年に原型モデルが出来上がったと言われています。今では、多くのジャズプレイヤーに利用されています。そんなフルアコの特徴ですが、見た目に反して空洞の部分があり、これのおかげでとても軽いです。サウンドでは艶やかなサウンドが特徴で、他のギターでは中々出せない太く甘いサウンドが特徴です。その為、前述のようにジャズやブルースのような煌びやかで、甘いサウンドが特徴のジャンルで活躍できます。しかし、音作りが非常に難しく、アンプで直接つないで演奏する素直なサウンドが冴えやすい傾向にあるため、歪ませて使用するのは難しいです。勿論歪ませて使うこともありますが、やはり調整が難しいので、どちらかというと素直なクリーン系サウンドで活用するのが一番ベストと言えるタイプです。

セミアコ

f:id:shima_c_kusatsu:20170202160534j:plain
フルアコとよく似ていて、よく混同されがちですが実際は違いが結構あります。元々は、アコギのようなサウンドをエレキにも取り入れるというコンセプトの元、Gibson社から製造されたES-335が最初です。そこから、色々マイナーチェンジを繰り返し、今ではGibson以外にも多くのメーカーからも製造販売されています。そのセミアコの特徴としては、フルアコよりもエレキ寄りなのが特徴で、音の伸びが良くハウリングも起きにくいことから、ジャズ等によく用いられます。因みにかの有名な映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で、主人公マーティンがパーティーで、ギターバリバリ弾くシーンが有名ですが、あれはGibson社のES-345というセミアコです。やや脱線しましたが、あのシーンで最初はジャズ、次はロック、最後は暴走・・・というオチでしたが、あんな感じで結構幅広く使えます。実際最近の日本の若手バンドさんもリードやソロで使われる方も多いです。(実際BLUE ENCOUNTの渡邊さんはセミアコメインで、島村楽器ブランドのHISTORYのSH-SAを使用して下さってます♪)なので、これから入るというのも十分ありです!

如何でしたか?これ以外にも様々な変形タイプと言われるの物があり、まだまだあります。どうぞお気軽にスタッフまでご相談ください!



イオンモール草津店 – ギタセレ(Guitar Selection)

【総合ページ】エレキギター編 ~滋賀県最規模の草津店へ~ イオンモール草津店 店舗情報-島村楽器

【商品情報】初心者オススメギター特集!エレキ編 イオンモール草津店 店舗情報-島村楽器

【商品情報】初心者必見!島村楽器のビギナーズセットご紹介! イオンモール草津店 店舗情報-島村楽器




お問合せ 島村楽器 イオンモール草津
電話 077-516-0860
担当 中嶋
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.